MENU

イヌリンで便秘体質撃退

イヌリン 便秘

ダイエットを妨げる原因となる便秘。慢性的な便秘の方は腸内細菌のバランスが崩れて腸内に悪玉菌が増加し、善玉菌が少ない状態になっています。イヌリンは水溶性食物繊維でもあるので、頑固な便秘体質を改善してダイエットを成功への導いてくれます。

 

イヌリンは複数の糖が結合した多糖体の一種で、腸まで消化せずに到達する水溶性食物繊維でもあります。完全に消化されずに腸に到達したイヌリンは分解されてオリゴ糖になります。オリゴ糖は腸内の善玉菌の餌となって善玉菌の増殖を促し、悪玉菌の増加を抑えてくれます。

 

つまり、イヌリンを摂取することで
・腸内環境を整えることができる

 

・便を柔らかくて排出しやすくする

 

・腸を刺激して蠕動運動を促す

 

という効果が期待できます。

 

善玉菌のエネルギーになるオリゴ糖

体内に取り込まれたイヌリンは、分解されるとフラクトオリゴ糖となって腸内で働きますが、このフラクトオリゴ糖は、ショ糖に1個から3個の果糖が結合したもので、難消化性オリゴ糖に分類されます。

 

この難消化性オリゴ糖が善玉菌を増やす働きをするため、善玉菌が増えることで腸内環境を改善することができます。また難消化性オリゴ糖は体内には吸収されないので老廃物を排出する手助けを行ってくれるため、腸の働きを刺激し便を排出しようという作用に変化します。

 

イヌリンとおなら(ガス)の関係

イヌリン 便秘 おなら

イヌリンは上手に摂取すれば大変ライフスタイルにプラスとなるものです。例えば糖の吸収を抑制しますから、血糖値の上昇を抑えることができ、糖尿病の予防にも活用できます。

 

イヌリンは体内に吸収されることがないので、ダイエット効果もあるとされています。水溶性の植物繊維ですから、腸内でゲル状になり、一緒に摂った糖質の吸収を抑制してくれます。そして腸の中でゆっくりと動くことから、蠕動運動も促してくれます。

 

イヌリンは天然の成分ですが、注意することも必要です。過剰に摂取してしまうと胃腸に二酸化炭素のガスが溜まってしまったり、胃痙れんや胃腸の不快感が現れる場合があります。簡単に言うと、『おなら』が出やすくなってしまうと言われています。

 

適量を守り、摂り過ぎに注意しよう

イヌリン 便秘 適量

イヌリンにはお腹の調子を整えてくれる作用がありますが、間違った摂り方をしてしまうと期待した効果が得られないことがあるので注意が必要です。例えば摂り過ぎた場合には腸内の食物繊維が多くなり過ぎてしまします。

 

食物繊維は適量なら排便を手助けしてくれますが、逆に増えすぎると腸内の水分を吸収してしまいます。腸内の水分が吸収されると、腸そのものの働きを低下させ逆に便秘になる場合も。また先ほど述べたように、おならが増えてしまうこともあります。

 

ただしこのような悪影響が出るのは相当量を摂取した場合です。また摂取するタイミングでも、一緒に水分を摂るのが良いとされています。イヌリンの1日の摂取量は8〜14gが適正とされていますので、適量を守ってお腹を元気にしていきましょう!

 

▼成分・産地・効果で厳選▼

イヌリンサプリランキング ボタン

 

>> 【優良】イヌリンサプリランキング  TOP

『たけしの家庭の医学』でイヌリンが紹介されました。

2018年2月6日の朝日放送・たけしの家庭の医学【中性脂肪&頻尿改善】SPにて、菊芋に含まれるイヌリンが中性脂肪を減らすメカニズムが紹介されました。