MENU

イヌリンとコレステロールの関係

イヌリン コレステロール

健康診断を受けると、様々な数値がデータとして提供されるものです。その際、コレステロール値が高いという結果が出る人が少なくありません。

 

というのも忙しい現代人は、栄養バランスの取れた食事の摂取が難しく、外食や弁当等で済ませる事も少なくないです。その結果、栄養摂取にかなりの偏りが見られ、高カロリーで脂質の多い食事を摂取する事が多いため、コレステロール値が上昇し易い傾向にあります。

 

しかもコレステロール値が高いと血管に負担が掛かってしまい、
・脳梗塞

 

・心筋梗塞

 

・大動脈瘤

 

などといった命にかかわる病気が発生するリスクが高まってしまうのです。だからこそ高い数値が出てしまった場合には、イヌリンをコレステロール対策のひとつに取り入れてみましょう。

 

過剰なコレステロールを排泄してくれる

イヌリン コレステロール 輩出

そもそもイヌリンは水溶性食物繊維の一つ。水溶性食物繊維はコレステロールの代謝や排泄を促進して、コレステロールの吸収を抑えるはたらきがあります。

 

イヌリンは腸内で溶け易い水溶性であるため、摂取して体内に入れる事によって、食物繊維と胆汁酸が混ざり合う事でゲル状の繊維となって、過剰なコレステロールを体外へと排出してくれるという仕組みです。

 

イヌリンは薬のような即効性はなく、徐々に効果を発揮して行くものです。そのためきちんと効果を得たいなら、1度に多く摂取するのではなく、毎日継続して摂取し続けるのが効果的。食事だけで補いきれない場合は、サプリメントによる摂取がおすすめです。

 

中性脂肪にもアプローチ

イヌリン ダイエット 中性脂肪

ダイエットをしても痩せにくいという人は、血流が悪化して脂肪燃焼が悪くなっていることが多いようです。血流の悪化の原因には血液中の中性脂肪の増加があります。

 

中性脂肪が多いと血液中の「過酸化脂質」も増加しますが、過酸化脂質は血液の粘り気を強めて血流を悪化させるので、脂肪燃焼の効率の悪い体になってしまうのです。

 

中性脂肪は体内の余分な糖分を貯蔵するために合成される物質で、特に食後に中性脂肪の合成が活発になります。

 

水溶性食物繊維の一種であるイヌリンは、胃や腸で消化されずに通過して食べ物の消化を緩やかにしてくれます。すると、食後の血糖値の上昇を防ぐことができ、中性脂肪の合成を抑制して血液中の中性脂肪を減らす効果が期待できるというわけです。

 

▼成分・産地・効果で厳選▼

イヌリンサプリランキング ボタン

 

>> 【優良】イヌリンサプリランキング  TOP

『たけしの家庭の医学』でイヌリンが紹介されました。

2018年2月6日の朝日放送・たけしの家庭の医学【中性脂肪&頻尿改善】SPにて、菊芋に含まれるイヌリンが中性脂肪を減らすメカニズムが紹介されました。