MENU

イヌリンで腸内環境改善!

イヌリン 腸内環境

イヌリンは腸内でフラクトオリゴ糖に変化し、善玉菌のエサになってくれます。そのため意識的にイヌリンを取り入れるようにすれば善玉菌の増加が期待でき、腸内環境を改善させる期待が持てるようになります。

 

善玉菌が優勢になり悪玉菌の数が抑えられると、
・免疫力のアップ

 

・アレルギー予防

 

といった作用が期待できます。腸内から腐敗したものや溜まっていた便が出て行けば、アトピーやアレルギーに悪い影響を与える毒素も作られなくなります。

 

アレルギーと免疫機能の関係

イヌリン 腸内環境 アレルギー

アトピーやアレルギーは免疫機能が乱れることによって起きるといわれていて、免疫の7割ほどは腸内で作られています。

 

白血球の免疫細胞によって作られるIgE抗体が関わっていて、普段はウイルスや細菌が外部から侵入してきたら撃退してくれますが、腸内環境が乱れてしまうと必要以上に数が増えすぎたり、働き過ぎてしまいます。

 

またIgE抗体に抗原が結合してしまうと、痒みの原因物質であるヒスタミンが放出され、肌が痒くなります。さらに腸内に悪玉菌が多い状態だと消化吸収が鈍くなって腸の中で食べたものが発酵し腐敗してしまいます。すると毒素がたくさん出てしまい、体に悪影響を与えてしまいます。

 

イヌリンのビフィズス菌を増やす働き

イヌリン 腸内環境 ビフィズス菌

乳酸菌の1種であるビフィズス菌は、人間と馴染みが深い菌。人の腸は生まれて来たときからビフィズス菌と関わりが深く、相性の良い菌といえます。腸内環境を改善するには、ビフィズス菌を増やすことが欠かせません。

 

赤ちゃんは生まれたときに、産道や外界から大腸菌やウェルシュ菌などの悪玉菌を受け取ります。その後、母乳に含まれるビフィズス菌が入り、生後5日目の赤ちゃんの腸内は95%から99%と、圧倒的にビフィズス菌が優勢になっています。

 

イヌリン 腸内環境 オリゴ糖

このビフィズス菌を増やすエサとなるのがオリゴ糖です。イヌリンは腸内でオリゴ糖に変化します。イヌリンを1日に12g、2週間摂ることで、腸内のビフィズス菌が22.9%から34.6%と11.7%も上がったというデータもあると言われています。

 

イヌリンはヨーグルトと相性バッチリ

イヌリン 腸内環境 ヨーグルト

イヌリンはヨーグルトと一緒に摂ると、さらなる効果を得られます。腸内の環境を整えるには、悪玉菌と戦う力が十分なほどに善玉菌を増やす必要があります。ですから善玉菌そのものを補う必要があるわけです。ヨーグルトには、

 

・ビフィズス菌

 

・ガゼリ菌

 

・プロバイオティクス乳酸菌

 

 

などの様々な善玉菌が使われています。これらの有益な菌をたくさん摂ることで、効果を高められます。

 

またイヌリンにはカルシウムの吸収を助ける効果もあるので、吸収率を上げて、骨や歯をさらに強くできます。カルシウムだけならば牛乳でもよいのですが、腸内環境を整える善玉菌を補う為にはヨーグルトであることが重要になります。

 

▼成分・産地・効果で厳選▼

イヌリンサプリランキング ボタン

 

>> 【優良】イヌリンサプリランキング  TOP

『たけしの家庭の医学』でイヌリンが紹介されました。

2018年2月6日の朝日放送・たけしの家庭の医学【中性脂肪&頻尿改善】SPにて、菊芋に含まれるイヌリンが中性脂肪を減らすメカニズムが紹介されました。