MENU

何が違う?イヌリンとデキストリン

イヌリン デキストリン 菊芋

イヌリンは菊芋やごぼうに含まれている多糖類の一種で、デキストリンはじゃがいもやトウモロコシ由来のデンプンなので同じ仲間といえます。効果としては肥満を改善する効果が期待でき、両方とも効果・効能が似ていると言われています。

 

異なる点も存在しています。両方ともダイエット効果が期待できますが、デキストリンとの違いはインシュリンの分泌を抑える作用があり、ダイエット効果はイヌリンのほうが高いです。さらにイヌリンは分解されるとフラクトオリゴ糖になります。

 

つまり善玉菌を増やす効果があるのです。

 

デキストリンも善玉菌を増やす効果がありますが、フラクトオリゴ糖を分解する作用はないため、善玉菌を増やす効果は劣ると言えるでしょう。

 

どっちがいいの?

安全性においては、両方とも天然成分です。副作用などの心配は少ないですが、イヌリンとデキストリンとの違いは
「整腸作用」

 

「食後の血糖値の上昇抑制作用」

 

「食後の中性脂肪の上昇抑制作用」

 

がデキストリンの方が優れています。そのため、デキストリンは消費者庁より特定保健用食品(トクホ)として認可されています。

 

イヌリンは体内に吸収されないことによってダイエット効果が期待でき、腸内で初めて分解されてフラクトオリゴ糖になり善玉菌を増やします。そのため、糖質の吸収制限よりも食物繊維の補給を優先したいと考えている場合は、デキストリンを選ぶことをお勧めします。

 

イヌリンの優れた点は?

イヌリン デキストリン 違い

イヌリンがデキストリンよりも優れている点は、
ダイエット効果

 

善玉菌を増やす効果

 

が高いという点です。その他にも効果としては糖尿病を予防したり血糖値の上昇を抑制、コレステロールの排泄、腸内環境を整える、内臓脂肪を低減させるなどの効果も期待できますが、この効果がデキストリンにも同様に言える効果です。

 

そのため、よりダイエット効果を得たい場合は、デキストリンではなくイヌリンの含まれたサプリメントを選ぶと良いでしょう。イヌリンの持つ糖質は、人間が持つ酵素では消化吸収が不可能な性質を持っています。その結果、インシュリンの分泌を抑える働きがあります。

 

また、腸内で分解されえる際にはフラクトオリゴ糖になります。善玉菌の餌になるため、善玉菌を抑える効果も高いのが特徴です。

 

▼成分・産地・効果で厳選▼

イヌリンサプリランキング ボタン

 

>> 【優良】イヌリンサプリランキング  TOP

『たけしの家庭の医学』でイヌリンが紹介されました。

2018年2月6日の朝日放送・たけしの家庭の医学【中性脂肪&頻尿改善】SPにて、菊芋に含まれるイヌリンが中性脂肪を減らすメカニズムが紹介されました。